スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラ紹介 Dr.蒼

Dr.蒼 バストアップ



アップロードファイルDr.蒼(元:蒼さん)
-----------------------
〇基本
ひまわりの研究のために、日々研究を続ける科学者。
(本人は”植物学者”であると主張している)
ひまわりに尽くしているため、周りが見えていない。実は永遠の20歳。
自宅はマンションなのに、花屋「フラワーショップひまわり」の近くに研究所という名の別荘を構えている。

決め台詞(?)は「私としたことがーっ!」

蒼乃という名の兄がいる。

〇服装
白衣に眼鏡という、コレでもかというほど典型的な博士ルック。
長髪を後ろでひとつにしばっている。
足に巻いているバンダナは、実の兄から押し付けられたものらしい。

〇性格
1年中においてひまわりを売る花屋のとぅとぅちゃんに目をつけ、
研究のためにうろついていたりするため、白衣で白昼堂々と行動するさまは
どうみても「正統派マッドサイエンティスト」である。
悪役として見立てるなら非常にわかりやすいと思われる。

〇備考
一応、「ひまわり研究」のための道具を発明するのだが、
大方は人間に流用できてしまう発明品であることが多いため、
あっという間に変な使われ方をしたり、使用に失敗したりし、
周辺住民に多大なる迷惑をかけている。

けど、警察みたいな取り締まる人物がいない程の無法地帯であることと、
害しかもたらさないわけではないため、特に嫌われてはいない。

彼の研究費はほくなちゃんが全面的にバックアップしている。
彼の開発した商品のいくつかはほくなブランドで販売されているが、莫大な投資に見合う利益が出ているかどうかは怪しい。

あやめちゃんとは研究者仲間で、共同開発している発明品もいくつかある模様。
きぬ先生とは希少な研究材料を提供しあったりしている。
けん狐と交流があり、発明品の試作品を渡して感想を求めたりしている。
発明品「ひまスナック」を「だがしのふじもと」に卸している。

そんなDr.蒼の日常はこんな感じ

【関連記事】
発明品・アイテム一覧
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。