スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラ紹介・宇佐見美弥 

カテゴリ:γ-キャラ紹介

美弥全身
POS学園高等部に通う、関西弁のウサ耳娘。とぅとぅちゃん達のクラスメイト(2年2組)。
数年前に関西から転校してきたらしい。
一人称は「ウチ」。友人達の事は「とう子」「静海」「けん狐」と名前で呼ぶ。
年上は基本「○○さん」だが、「太郎」あたりは呼び捨て。

髪の色はピンク。耳と尻尾は白い。制服時は縞ニーソをはいている。
ヘアバンドをつけているのでつけ耳っぽく見えるが、紛れも無く本物の耳である。
ウサギらしく耳が良く、地獄耳。そのせいか学園内のウワサ話に詳しい。
身長162cm。耳をフルに伸ばせば全長190cm。

美弥mini
趣味はお笑いとバイト(お金儲け)。ややケータイ依存症気味。
カバンの中にはハリセン・飴ちゃん常備。
好奇心旺盛で我が強いが、好きな人には尽くすタイプらしい(本人談)。
お笑い芸人を目指して日々研究を重ねているが、スベったりツッコまれなかった事に凹んで毎日ひとり反省会。
目下、相方募集中。

笑いの趣味が合うらしく、きぬ先生とは一緒にお笑いライブに行ったりDVDを貸し借りしたりメールで新ネタを披露しては感想をやりとりしあう仲。
同年代では遠山橙子と仲がよく、「とう子はアホでおもろい、一緒に居て飽きない」とよく一緒につるんでいる。
その流れで吉澤静海と行動を共にする事も多いが、「静海はリアクションがようわからんねん…変な事で泣き出すし、いじりづらいわ(汗」という感じで若干ニガテらしい。

同じクラスのウサ耳娘、餅月海羽とはまったくソリが合わず、犬猿の仲。

ちゃんとした感じの


全身図はこんな感じ。
全身図


ちょっとした落書きが某氏に気に入られ、名前つきキャラに昇格。こんな調子でPOS街キャラは作られていくのでした。
スポンサーサイト

関連タグ:宇佐見美弥

キャラ紹介・志井えみる&橘雪之丞長久 

カテゴリ:γ-キャラ紹介

えみる&ゆっきー
藤本くるとのクラスメイト。仲良し3人組である。

志井えみる

志井えみる
 POS学園中等部一年で図書委員の猫耳娘。
 おっとりのんびりした性格。和み系。あまり勉強はお得意ではないらしい。
 一人称は「えみる」。二人称は愛称で呼ぶ事が多く、くるとは「くーちゃん」、雪之丞は「ゆっきー」と呼ぶ。
 年上でも「あっきーセンパイ」「にょすさん」といった調子である。
 そばかすと太眉がチャームポイント。
 少女マンガ好きで愛読書は「がぼん」や「月刊おぼん」。
 家はえれにょすちゃんも勤めるメイドカフェ「エンジェルキャット」。
 志井たけ子さんという 姉がいる。
 くるとの兄、太郎を「おにーさん」と慕っている。


橘雪之丞

橘雪之丞長久(たちばなゆきのじょうながひさ)
 橘が苗字、雪之丞長久が名前。
 武士な家庭で立派な剣士になるべく育てられた、POS学園中等部一年の狐娘。
 一人称は拙者。二人称は「○○殿」。
 小さい頃は男として育てられていたため未だに男言葉で喋り、洋装に拒否反応が出るので学校でも着物姿で過ごしている。
 腰の刀は竹光である為、持ち歩いていても問題ない…と学園側には申告されている。
 前髪で目が隠れているのは相手に視線を悟らせないため。
 彼女自身はきちんと周囲が見えているので問題ない、そうだ。
 運動能力は高いが、泳ぎは苦手。立ち泳ぎしか出来ない。
 横文字の言葉がうまく発音できなかったり、機械に弱かったりと何かと時代錯誤な言動が目立つが、洋風の食事やデザートに密かな憧れを持つ様な一面もある。

 オプションとして御付の忍者がいる。
 水泳の授業など、どうしても刀を手放さないといけない場合は御付の忍者が預かって
 いたり、昼時になると何処からとも無くお弁当を届けに来たりする。
えみるん&ゆっきー

色設定?

関連タグ:志井えみる 橘雪之丞

キャラ紹介・藤本家の人々 

カテゴリ:γ-キャラ紹介

ばーちゃん

・藤本イチ
 POS学園前にある「駄菓子のふじもと」を経営する老婆。
 店番は居候の藤本兄妹に任せて半隠居しているが、まだまだ元気。
 ジョイスティック三太夫やゴンベの住むアパート「八須ラ木荘」の大家でもある。

藤本山河

・藤本山河
 イチの孫。野良だった藤本兄妹と仲良くなり、家に連れ帰ったのは彼である。現在はごく普通の会社員としてPOS街を離れ、他県に出張中。
 …というような設定のみ存在するようなキャラだったが、タロ子ルートではラブラブばかっぷるの片割れとして大活躍。真面目な常識人なので、何かと常識外なタロ子に振り回されている。

キャラ紹介・タロ子 

カテゴリ:γ-キャラ紹介

タロ子


「もしも藤本太郎が女の子だったら」というネタ話から発生した、もうひとりの”藤本太郎”。通称タロ子、あるいはタロ。
実は外国人であり、タロなんたらという本名を無理やり日本語に当て字した結果、女の子なのに「太郎」という名前になった、という設定。
男の本家太郎とは違い、糸目じゃないのとアホ毛がポイント。そしてあやめちゃん(POSメインキャラではオーナーに次いでおっきい)並にある胸。
妹くるとの存在や、明るくおおらかな性格等、基本的なことは男版と変わりはない。
―ただひとつ、野良だった自分を拾ってくれた駄菓子屋の少年、藤本山河(別記)の事が大好きで、どたばたラブコメな世界を展開するという点を除けば。
その一途さ、積極的な押しかけ女房っぷりはPOS街一のばかっぷるとしての地位を不動のものにしているとかなんとか。

そんな訳で、学生なオーナー、ミドリさん、あやめちゃん達も居たりする通称タロ子ルートは、もうひとつのPOS街物語として、今後発表される事があるかもしれない。



ちなみに本家太郎にも化け猫的な変身能力がある為、時折この姿になるようだ。

キャラ紹介・ゴンベ&てる 

カテゴリ:γ-キャラ紹介

ゴンベ
ゴンベ

駄菓子屋の裏にあるアパート「八須ラ木荘(やすらぎそう)」に住む猫人。
年齢は30代半ば。
これでも妻帯者であり、てる(後述)という一人娘もいる。
元野良であり、つぶれた左目や欠けた耳にその時代の名残がうかがえる。
それなりに強いのだが、少年時代の藤本太郎に縄張り争いで敗れて以来負け癖がついた、とは本人の弁である。ちなみにその後、太郎には何度も挑んでいるが一度も勝った事はない。
喧嘩にしろギャンブルにしろ、とにかく”勝負事”が好きで負けず嫌い。…なのだが、お世辞にも強いとはいえず、負け続きらしい。

ミドリさんとはパチンコ屋や競馬場でちょくちょく顔をあわせる。

※詳細設定
ゴンベ詳細設定


てる
てる
ゴンベの一人娘。外見はおそろしく父親似。
人形遊びが好きな4歳児。
時々藤本家に預けられる。

関連タグ:ゴンベ てる

きょうのひとことシリーズ その弐 

カテゴリ:ζ-イラスト

アップロードファイル忘れた頃に(しかも頼みもしないのに)やってくる、「きょうのひとこと」シリーズ!
ほどほどに貯まってきたので、またもダラダラと垂れ流しながらの掲載デス。
今回もまた保存し忘れたり、アレだったりソレだったりな理由で全部掲載デキマセンでしたけど、その、あの、お察しクダサイ(;D| ̄|_

関連タグ:絹井けい きぬ先生 タロ子


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。